鉄道会社の自動券売機

ジュースの自動販売機はどれでも大体同じですが、鉄道会社の自動券売機は会社により微妙に違います。お金入れる迄はどれでも同じですが、金額ボタンを押すものや、タッチパネルになっているもの・・・・今まで一番ややこしかったの大阪市営地下鉄の券売機で、お金を入れ切符を買おうとパネルを見ると色々表示されていて、よくわからない、その上テンキーもあるし、思わず目的地迄の金額をテンキーで押してみるが切符が出てこない。呼び出しボタンで駅員さんに来て頂く「お客さんテンキー押さないで下さい。」て言われる。「テンキーて何に使うんですか」て聞こうとすると隣の人も呼び出しボタンで駅員さんを呼ぶ・・・・どうやらテンキー押したらしい。同じ事を言われている。この券売機て、いろんな機能がありすぎてややこしい。