速すぎる学校の授業

和歌山県の公立中学校の授業進行速度が以前よりも速くなっています。特に3年生の場合、高校入試迄に、教科書内容を終わらせようと、授業では、教科書内容の説明が必要な事柄でさえ省略し、「後で教科書をよく読んどいて」とか「わからない人は、職員室へ聞きに来て下さい」・・でも聞きに行ったら先生がいなかったり、「放課後にして」と言った具合らしいです。

いくらコロナウイルスの影響で授業が遅れているとは言え、県の教育委員会は、どう考えているんでしょうか、出題制限をすると、入試問題の内容を最初から変更して、作り直さねければならないので、それが面倒だから、ただやらないだけに思えて仕方がない。