直るまで注意

新入塾生の宿題に講師が、まる付けをし、生徒本人に間違い直しをしていただきますが、なぜ間違っているのか確認もせず、とりあえず間違った箇所を消し、直しにかかり、また同じ間違いをした答えを書きます。2回ぐらい同じ事をすると「先になぜ間違っているのか、わかってから消すように」注意しますが。しばらくすると、また同じ様に、とりあえず間違い箇所を先に消す、また注意する。これの繰り返しですが何回か注意するとなおります。くせ、が直るまで何回でも注意します。