検温

昨年5月の腱板断裂手術以来、毎週リハビリで通っている和歌山駅近くの病院、今月から患者さん、付き添いにかかわらず、入口付近で入って来る人には必ず、検温があり、37度以上あると

病院内には入れないみたいです。もちろん入院患者さんの見舞いは、原則として禁止されており院内でも、洗面所のジェットタオルや、自動血圧計の電源も抜かれ使用禁止になっています。

しかし、待合室のイスは構造的に離すことができないのでくっついたままです。

相変わらず患者さんや付き添いで混んでる。