小雪

小雪(しょうせつ)と読みます。日本が太陰暦を使っていた頃、季節の移り変わりを表す言葉の一つで、1年間を二十四分割した二十番目で、今日11月22日頃の事です。

次は、大雪12月7日頃,冬至12月21日頃で今年は終わり、来年は1月5日頃小寒、   1月20日頃大寒となります。