女子駅伝でのアクシデント

10月21日行われた全日本実業団対抗女子駅伝予選会で、岩谷産業の選手が骨折の為、残り 200メートル地点で走れなくなり、それでも両膝をついて四つんばいになりながら、前進し、なんとか次の走者に、たすきを渡した様子・・・見ていて涙が出てきた。

監督はすぐに棄権を申し出たらしいですが、競技関係者に伝わるのが、かなり遅れた結果   あのような事態になってしまったとか。

競技中における選手のアクシデントが、すぐ競技関係者に伝わらないような事があると、   その選手の今後の選手生命が危ぶまれる可能性がある。