問題を解く

問題の解き方は、生徒によりさまざまで、問題をよく読まないで解きにかかったり、読み始めてじっと考え込んでしまったり、途中まで解いて、後で解くつもりにしていたのを忘れてしまったりとか・・・、漢字なんかは、へん、つくり、かまえ、を書いただけとか、文章を途中までしか書かないで、次の問題を解いていたり・・・等の解答がみられます。            その度に生徒一人ひとりに不備な点を注意し指導しています。